PUBGのプレイヤー数が1600万人を突破!

最終更新日時
PUBGのプレイヤー数が1600万人を突破!

Steamで販売が開始された2017年3月23日より、異例の速度で販売本数を伸ばしているPUBG。その販売本数がとうとう1600万本を突破しました。

何があったのか分からないですが、2017/10/8~2017/10/11の4日間だけでほぼ200万本近く売れています

販売本数1600万本

最大同時接続者数も200万人を達成し、異例の速度で売れ続けています。

9月の中旬には『DMMGAMES』でもPUBGがプレイできるようになり、日本での販売速度が上がっている様です。

『DMMGAMES』で買っても『Steam』で買っても一緒にプレイする事は可能なようです。

PUBGとは

PUBGプレイ画面

8km×8kmの無人島を舞台にした最大100人のバトルロワイヤルゲーム。

初期の装備は己の拳のみ!無人島各地に存在している家などを探して、銃などの物資を拾いながら最後の1人になるのを目指すゲームです。

活動可能範囲

無人島は時間によって活動できる範囲が狭くなっていき、範囲外にいると継続的にダメージを受け続けます。

なので、最後までプレイヤーと戦わないという事は難しい作りになっています。

広大な敷地を移動する乗り物も、バイク・車・ボート等が用意されてあり快適に無人島を散策できるようになっています。

カスタマイズできる武器も多数あり、自分の好きなカスタマイズをした銃でプレイヤーと戦いましょう。

プレイヤーの視点はFPSモードTPSモードが用意されており、好きな方でプレイできます。

PUBGの値段

DMMでPUBG

2017/10/12現在
Steamでは¥3,300
DMMでは¥3,000で購入できます。

どっちで購入してもプレイするサーバーは変わらないので『Steam版』を買ってしまったフレンドとも一緒に遊べるようです。

現在PUBGは開発途中なのでアーリーアクセス版として安く買えます。

2017年中に正式版のリリースが行われると言われているので、正式版が出たときには価格が大きく変わるかもしれません。

ですので、今買っておくのが一番お得だと思います。

PUBGをプレイする推奨環境

PUBGは恐ろしくPCのスペックを食うゲームです。

最低でも10万円以上のPCでないと快適にはプレイできません。

Steamに載っているシステム要件を確認してみましょう。

最低必要なシステム要件
OS 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリー 6 GB RAM
グラフィック nVidia GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
ストレージ 30 GB 利用可能

上記のシステム要件が『最低』必要なマシンスペックです。

正直分かる人が見なければ『なんのこっちゃ!』と思われるかと思います。

電気屋で売っているような『一体型PC』等ではプレイできない場合が多いので、大人しくメーカーが勧めている『PUBG推奨PC』を買うのが無難でしょう。

マシンスペックを見て分かる人は、PUBGを快適に動かすマシンスペックについて色々なサイトで言及されているので、そちらを参照ください。

PUBGのプレイヤー数が1600万人を突破!についてのコメント

コメント

デイリー記事ランキング

攻略中のゲーム・アプリ